アニメやドラマの良作に出会うなら、dTVの31日間無料お試しから

携帯キャリア大手のNTTドコモが提供している動画配信サービス:dTVをご紹介していきます。

では、早速いってみましょう!

dTVとは

dTVは先程もお伝えしたように、が提供する

動画配信サービスで映画やドラマ、アニメなど様々なジャンルの約12万作品をHD・4kなどの高画質で見られる素晴らしいコンテンツ。

ドコモユーザーでなくても取得できるdアカウントで契約内容を把握するため、アプリをインストールする感覚で契約できます。契約までの難易度は低いほうかと感じます。

dTVの魅力

dTVの魅力としてまず思い浮かぶのはdポイント。

dポイントで新作レンタルや新たなポイントがもらえるというキャンペーンもあることもdTVの魅力のひとつかもしれませんね。

dTV

dポイントとは

dポイントは、ドコモユーザーの方ならご存じでしょう。

携帯電話使用料やdカードを使って買い物をした際にもらえるもので、現在マクドナルドやローソン、ドラッグストアやレストランなど多岐にわたるショップで100円につき1ポイントもらえるポイントのことじゃ。

定期的に太っ腹なキャンペーンも行っていて気づいたら結構貯まってたということも多いです。

このポイントで携帯電話料金の支払いやdTVの料金支払いもできてしまうのはすげえよな!

簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

月額料金の安さ

dTVの最大の魅力といえば、やはり月額料金の安さでしょう。

初回契約後31日間はお試しができる無料キャンペーン期間が長いことも大きなメリットであり、他の動画配信サービス比較してもお得感は大きいです。

サービス名作品数月額料金 無料期間
Amazonプライムビデオ不明(非公開)500円(税込)30日間
U-NEXT210,000以上1,990円(税抜)31日間
Hulu70,0001,026円(税込)2週間
dTV120,000550円(税込)31日間
Paravi不明(非公開)1,017円(税込)2週間

作品によっては、レンタル料金を必要とするものもありますがそれは他の動画配信サービスも同様です。

では、続いてdTVのメリット・デメリットを挙げてみましょう。

メリット・デメリット

dTV公式ホームページより引用

dTVをご紹介するにあたって、特徴と弱点をそれぞれ見ていきましょう。

他の動画配信サービスとの比較をしてみてください。

メリット

数ある動画配信サービスの中でdTVの特徴として

挙げられるものとして代表的なのは、この4点でしょうか。

◎オリジナルドラマの完成度の高さ

◎漫画が読み放題

◎韓流・華流ドラマが充実

◎他の動画配信サービスより価格が安い

となります。

オリジナルドラマの完成度の高さ

dTV公式ホームページより引用

地上波で放送されたドラマや劇場版作品などのスピンオフや前日譚・後日談などを多数取り揃えている。ジャンルも幅広く、ラブストーリーからコメディまで用意されているので誰でも楽しめるはずです。

漫画読み放題

dTV公式ホームページより引用

dTVでは、月額料金内でコミックも読めるんです。

税込み550円で読み放題と考えると、コミックを買ったり、漫画喫茶で読むよりもお得に感じてしまいます。また、漫画を読む際にdTVではムービーコミックという形で提供しています。

漫画は紙面のため静止画を見てペラペラめくっていきますがムービーコミックは、その名の通り動く漫画!

こういった読み方で漫画を読み進められるのもdTVならでは。

これなら漫画が苦手なかたでも、ドラマを見るような形で楽しめるのではないでしょうか。

【初回31日間無料/dTV】月額550円(税込)映画・ドラマ・アニメ・韓流、話題作ゾクゾク追加!

韓流・華流ドラマが充実

dTV 『最後まで愛』より引用

韓国ドラマや中国ドラマは、他の動画配信サービスでも楽しめますがやはり、料金の安さでdTVに軍配が上がります。

ラブストーリー・コメディ・サスペンスあらゆるジャンルを網羅しておりファンの間で愛されているドラマが見れるのもうれしいですね。

デメリット

どのコンテンツにも弱点はあります。

もちろんdTVにも。挙げられるデメリットとしては以下の4点となります。

多くの作品が1話150円からの課金制(開始から48時間以内の期限付)

複数のデバイスで同時視聴できない

支払い方法の選択肢が少ない

SD(標準)、HD(高画質)、4k(超高画質)非対応の端末もある。

などでしょうか。

このなかで、特にお伝えしておきたいことがあります。

支払い方法の選択肢が少ない

これは、ドコモの回線を使用しているか否かで変わりますが

公式サイトによると以下のように記載がありました。

【ドコモの回線契約があるお客様】

・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
※ご利用いただけるクレジットカードは国内で発行されたものに限ります

【ドコモ回線契約がないお客様】

・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
※ご利用いただけるクレジットカードは国内で発行されたものに限ります

dTV  公式サイトより引用

まあ、こんなもんでしょうか。

ドコモのケータイ払いができる為、基本的にドコモユーザーが多いと踏んでの設定なのでしょうね。

複数のデバイスで同時視聴できない

dTVでは、同一アカウントでの視聴は1デバイスのみとなります。

つまり、自身がスマホでdTVのドラマを見ているときにお子様にタブレットでアニメを見せるということができないのです。

この点が改善されればもっと裾野が拡がると思うのでドコモさん、お願いします!!(切実)

最近dTVで公開されている作品

まとめ

今回は【dTV】を紹介してきました。

ドコモユーザーでなくても始められるのと、月額料金の安さはdTVの大きな武器といえます。

作品を購入する際にdポイントを使えることもありがたいです。

ポイ活にもなり得るdTVを賢く利用したいものです。

dTV

[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。